ちばぎんカードローンはお金借りる審査のときに職場に電話来る?

ちばぎんカードローンはお金借りる審査のときに職場に電話来る?

ちばぎんカードローンのキャッシング審査の一つの段階として在籍確認があります。つまり、会社に電話がかかってきます。

 

会社に電話がかかってくるときに、個人名を名乗ることもありますし、銀行名を名乗ることもあります。大抵の場合には個人名を名乗るのですが、銀行の場合には銀行名を名乗ることもありますから注意しなければなりません。

 

カードローンというと消費者金融などの貸金業者が提供しているものが多くありますが、貸金業者の場合には個人名を名乗ることが多いといえるでしょう。大抵は個人名で電話がかかってきます。しかし、銀行の場合、銀行名を名乗ることがあります。もしもそれが嫌だと思うのなら、事前に問い合わせてみると良いです。

 

ただ、銀行としても、別の銀行名を名乗ることはできません。いつも使っていない銀行から電話が掛かって来ると怪しく思われる可能性はありますから、別の銀行名を名乗って電話して欲しいと思ったとしても、これはできません。そもそも、そんなことが許される世界ではないのです。また、他の会社名を名乗ってほしいと言っても、それもできませんから注意しなければなりません。ですから、銀行名で電話がかかってくるのはしかたのないことだといえるでしょう。

 

それなら申し込む人はいないのではないかと思うかもしれませんが、実は銀行なら電話がかかってきても特に問題はないのです。というのも、銀行のサービスというのはカードローンだけではないからです。他のサービスの確認の電話だと言えば不自然ではないでしょう。

 

例えば、投資信託の購入を検討して話を聞きに行ったというのなら、これは非常に自然なことです。将来の資産形成のことも考えている人なら、話を聞きに行くくらいのことはあるでしょう。そして、銀行としても営業の電話をかけてくる可能性もあるでしょう。あるいは、クレジットカードの申し込みといえば自然ではないでしょうか。クレジットカードの場合にも在籍確認は行われるのですから、電話がかかってきても不思議な事はありません。

 

他にも、銀行のサービスには様々なものがありますから、その電話だといえばキャッシング審査だとは思われないでしょう。銀行としても、カードローンの申し込みをしていることを他の人にいうわけにいきません。それも個人情報だからです。ですから、銀行の色々なサービスを調べておいて、そのことを周りに言っておけば、突然電話がかかってきても不自然ではありません。