ちばぎんカードローンはお金借りる審査のときに職場に電話来る?

ちばぎんカードローンはお金借りる審査のときに職場に電話来る?

 

ちばぎんカードローンのキャッシング審査の一つの段階として在籍確認があります。つまり、会社に電話がかかってきます。

 

会社に電話がかかってくるときに、個人名を名乗ることもありますし、銀行名を名乗ることもあります。大抵の場合には個人名を名乗るのですが、銀行の場合には銀行名を名乗ることもありますから注意しなければなりません。

 

カードローンというと消費者金融などの貸金業者が提供しているものが多くありますが、貸金業者の場合には個人名を名乗ることが多いといえるでしょう。大抵は個人名で電話がかかってきます。しかし、銀行の場合、銀行名を名乗ることがあります。もしもそれが嫌だと思うのなら、事前に問い合わせてみると良いです。

 

ただ、銀行としても、別の銀行名を名乗ることはできません。いつも使っていない銀行から電話が掛かって来ると怪しく思われる可能性はありますから、別の銀行名を名乗って電話して欲しいと思ったとしても、これはできません。そもそも、そんなことが許される世界ではないのです。また、他の会社名を名乗ってほしいと言っても、それもできませんから注意しなければなりません。ですから、銀行名で電話がかかってくるのはしかたのないことだといえるでしょう。

 

それなら申し込む人はいないのではないかと思うかもしれませんが、実は銀行なら電話がかかってきても特に問題はないのです。というのも、銀行のサービスというのはカードローンだけではないからです。他のサービスの確認の電話だと言えば不自然ではないでしょう。

 

例えば、投資信託の購入を検討して話を聞きに行ったというのなら、これは非常に自然なことです。将来の資産形成のことも考えている人なら、話を聞きに行くくらいのことはあるでしょう。そして、銀行としても営業の電話をかけてくる可能性もあるでしょう。あるいは、クレジットカードの申し込みといえば自然ではないでしょうか。クレジットカードの場合にも在籍確認は行われるのですから、電話がかかってきても不思議な事はありません。

 

他にも、銀行のサービスには様々なものがありますから、その電話だといえばキャッシング審査だとは思われないでしょう。銀行としても、カードローンの申し込みをしていることを他の人にいうわけにいきません。それも個人情報だからです。ですから、銀行の色々なサービスを調べておいて、そのことを周りに言っておけば、突然電話がかかってきても不自然ではありません。

 

ちば銀行カードローンの在籍確認はどんな感じ?会社や勤務先にに電話来る?

 

ちば銀行カードローンの在籍確認は、原則としてあると考えて間違いありません。最近は在籍確認なしのキャッシングが注目されていますが、全体的に見るとごく一部となっています。在籍確認は勤務先に対して行われますが、これは審査申込書に記載した勤務先に本当に勤めているのか確かめるためです。嘘をついて借りる人がいるのは事実で、簡単に嘘が通ってしまうようでは金融機関側としても困ります。

 

もし勤務していないのなら返済能力ゼロとなるため、返済をすることはできないでしょう。街金融などで数万円を借りる状況では在籍確認が行われないケースもありますが、大手金融機関では当たり前のように確認があると考えてよいです。むしろしっかりと在籍確認を実施する金融機関のほうが信頼性が高く、適切に融資を行なっているものです。

 

ちば銀行カードローンは実質年率が消費者金融より低く、4.3%〜14.8%の設定としています。低金利で融資するためには融資対象を絞っていく必要あります。返済できる人を融資対象にする必要があるので、審査はシビアになると考えてよいでしょう。ただし無意味にハードルを高くしているわけではなく、属性に問題がない人は基本的に借入できます。安定収入を得ていれば借りられることが多く、不利になる要素があるなら収入の不安定、または借入件数などです。他社借入が多くなるほどローンの利用は厳しくなるので、件数はなるべく少なくなるように調整してください。

 

おまとめローンを利用して一本化するだけでも、審査を有利に進めることが可能です。ローンは審査に通過できないと意味がないので、少しでも有利な条件で審査を受けましょう。

 

在籍確認の方法は金融機関によって若干の違いはありますが、基本的にはほとんど同じ内容です。ちば銀行カードローンの在籍確認は仮審査が終了したあとに実施され、会社や勤務先に電話連絡がきます。在籍確認のやり方は個人名を名乗って申込者の在籍を確認するもので、ちば銀行からの借入だとバレることはありません。もちろんローンやクレジットカードの審査の類だと感づかれる可能性はあるでしょうが、特定されなければ問題はないでしょう。

 

銀行名を名乗って連絡がくればバレますが、最近の金融機関はプライバシーが徹底しています。キャッシングの利用者のほとんどは、周囲に内緒にしたいと考えているためです。多目的に利用できるのがキャッシングですから、何に使用しているのか問い詰められたくないのが本音だと言えます。

 

在籍確認を必要以上に怖がっている人は多いですが、特別なことをやるわけではありません。むしろ確認なしで誰にでも融資するなどの謳い文句を言っているローンのほうが怪しいです。銀行ローンは総量規制対象外ですが、誰でも借りられるわけではありません。

 

借りるためには安定収入が必要であり、収入ゼロだとどんなローンも審査には通過できないです。自分ごとに置き換えるとよくわかりますが、無職の人にお金を貸すときはあげるつもりで貸すはずです。働いて絶対に返すと言われても信ぴょう性は薄いですし、あげると考えて貸したほうが後々腹も立ちません。好条件で融資してくれる金融機関ほど、在籍確認はしっかりと行うものです。無職なのに嘘をついている場合は別として、仕事をしているなら確認の電話を怖がる必要はないでしょう。

 

ちば銀行に対して在籍確認はやめて欲しいなどと言えば、働いていないと思われてしまう可能性があります。基本的にキャッシングを利用する人は生活費が足りておらず、貯金も底をついている状態にあります。貯金が50万円ある状態で数万円のお金を借りる人は普通いません。つまり申込する人はお金に余裕がないため、仕事をしていない状態で返済をすることはできないのです。返済するお金は親族から借りるという人なら、最初からローンは利用しないでしょう。金融機関によっては数万円などの少額の融資をするときに在籍確認をしないケースもありますが、最初からあると考えて心の準備をしておくほうが得策と言えます。会社側としては在籍確認の連絡を受けるのは何度もあることなので、特に何も思うことはありません。

 

勤務先を偽るのはいけませんが、収入を多く申告するのも避けてください。昔なら年収250万円のところを300万円と言っても許容される部分がありましたが、現在はシビアになってきています。現在の年収をそのまま申告し、その上で借りられる金額を借りるのが好ましいです。

 

返済能力を超えて借りても返済不能になりますし、そうなると遅延損害金が発生してきます。通常金利より高利に設定されているので、遅れることにはデメリットしかないのです。ちば銀行カードローンの審査に通過するためには在籍確認は覚悟し、あとは希望額を少なく抑えることが大切と言えます。原則として審査は一発勝負なので、通過するための下準備が必要になってきます。他社の借入があればまとめておくこと、返済シミュレーションをして無理な借入をしないこと、などが大切です。