みずほ銀行で借りれる金額が数十万円から100万円以上になった事例

みずほ銀行で借りれる金額が数十万円から100万円以上になった事例

以前にある方はみずほ銀行で借りました。そして限度額が大きく伸びたのだそうです。

 

限度額というのは、いわゆる借りる事ができる限界額ですね。30万円と設定されたのであれば、10万や20万で借りる事はできます。しかし40万などで借りる事が難しい訳ですね。

 

そして上記の方はその銀行のカードローンで数十万円ほどで設定されたのだそうです。その方の場合はちょっと借りるのが難しいと思っていたのですが、実際は借りる事はできたのですね。

 

そして上記の方は、1年間ほどその商品を利用し続けたのだそうです。そして1年後には、この銀行では更新手続きが発生する事になります。それで上記の方は特に問題なく、更新が行われる事になったのですね。

 

そして借りる事はできる限界額が大きく伸びたということですね。

 

前述のようにその方は数十万円と設定されていたのですが、1年が経過したら100万円を超える金額で借りれるようになったのだそうです。

 

またその方は、1回も遅延を起こした事が無いのだそうです。

 

恐らくそれが大きな決め手になっていたのでしょう。金融会社というのは、遅延の有無などを気にしている事が多いからです。みずほ銀行では、きちんと返していけば利用可能な額が大きく伸ばせる事がある訳ですね。

 

 

みずほ銀行カードローンの在籍確認はどんな感じ?会社や勤務先にに電話来る?

 

キャッシングを利用するときにみずほ銀行カードローンと契約する場合には在籍確認がありますが、一部の大手消費者金融が行っているような書類による代用は行われていません。そのため、原則として会社や勤務先に電話がかかってきます。実際には在籍確認が行われた形跡がないのに審査に通っていた、というケースも存在しますが、これは希望して対応してくれるものではなく、あくまでもみずほ銀行側が不要であると判断した場合です。回避できる申し込み方法があるわけではないため、必須であると考えていた方が良いです。

 

電話をかけてくるのはみずほ銀行ではない点には注意しましょう。オリエントコーポレーションが保証会社になっており、在籍確認を一任されています。そのため、どのように行っているのかみずほ銀行ではコントロールしていないため、連絡を希望する日時を伝えても対応してもらえず、銀行名を名乗ってくれた方が都合が良い場合でも個人名でかかってきます。

 

電話は番号非通知であり、担当者の個人名なので、本人以外が出てもカードローンの在籍確認であると気付かれることは少ないですが、この手法を知っている人が受けた場合に気付かれる可能性がないとは言えません。

 

絶対に周囲にカードローンの利用を知られたくない場合には、個人名だからと安心せずに、事前に言い訳を考えておくと興味本位で聞いてくる人がいたときでもすぐに対処ができます。みずほ銀行ではカードローン以外にもクレジットカードを取り扱っており、こちらも契約する際の審査で在籍確認が行われます。これを利用して、クレジットカードの申し込みであると説明すれば良いでしょう。

 

確認される内容は本人であるか聞かれるだけなのですぐに終わり、答え方で審査に影響が出る心配もないです。そもそも提出した書類だけでは偽造されている場合もあるため収入を得ている証明にはならず、返済能力があるのか調べるために、記載した勤務先に電話をして在籍しているのか確認するというものです。

 

勤務していることが分かれば良いため、本人が出る必要性もなく、外回りなどで基本的に社内にはいない場合でも取り次いだ人が「離席しているので出ることができません」などの回答をしていれば終わります。

 

逆に言うと、在籍しているのに「そのような人物は弊社にはおりません」と回答されてしまうと審査に落ちるので注意が必要です。一般的な企業では新入社員の研修期間中に電話の取次ぎを担当させるケースも多く、新卒が入社した直後である4月では社内のことを把握できておらず、誤った対応をされる危険性があります。派遣社員の場合も同様で、所属している会社と派遣先で確実に自分のことを把握していると考えられる方を連絡先にしておきましょう。誰が取り次ぎを行っているのか調べておき、電話があると伝えておくと安心です。

 

在籍確認に不安があるときに行ってはいけないものがアリバイ会社の利用です。特に働いていないために電話されるのが都合が悪い、という理由で利用した場合、審査に通っても収入がないので支払えません。問題になるのが自分の信用を偽って借り入れを行うのが詐欺行為であり、犯罪になることで、自己破産で逃れようと考えても免責が認められないので返済の義務が残ります。

 

アリバイ会社でも犯罪に加担することになるため、利用方法でキャッシングなどに使うことはできないと記載されています。そのため、受け付けてくれるのは悪質な業者になりますが、この場合は大手とは異なり、実在する大手企業と提携しているのではなく、同じ番号で複数の企業名を使い回しているため、みずほ銀行でリスト化されているので審査に落ちる可能性が非常に高いです。新しい番号で気付かれなかった場合でも、後で発覚すると規約違反で強制解約になり、一括返済を求められます。在籍確認が行われるのは審査の最終段階であり、これが終われば必要な書類を提出して契約が完了する状態になっているので、ここで不正をするのは損するだけです。
気付かれる心配が少なく、追及されても誤魔化せる言い訳があるみずほ銀行カードローンですが、勤務先の規定などで私用の電話を受け付けてもらえない場合は審査に通らなくなるため、他社の利用を検討した方が良いでしょう。

 

コールセンターに事情を説明して相談してみても良いですが、期待はできません。どの銀行でも電話による確認が原則になっているので、このようなケースでは書類代用が可能になっている大手の消費者金融に申し込みします。

 

この場合でも希望限度額が50万円を超えると審査が厳格化されるため、書類代用を希望しても断られる可能性があるので注意が必要です。在籍確認なしで誰にでも融資する、と宣伝しているキャッシングもありますが、返済能力に関係なく契約するのは強引な取り立てを行う闇金融である危険性が高いです。金利も法外で利息が高くなるので騙されないようにしましょう。

みずほ銀行の特長と顧客対応

人々がカードローンを利用する時には、顧客対応を重視している事があります。基本的には対応が良い所の方が、やはりクオリティーも高いと考えられるでしょう。

 

例えば会社Aは、対応が非常に良かったとします。会社の方は非常に丁寧に接してくれる上に、説明も分かりやすいとしましょう。そして会社Bの場合は、その逆だとします。

 

その時には、やはりBよりはAの方がクオリティーが高いと見なされる事が多いですね。顧客対応というのは、会社の商品のクオリティを反映しているとも考えられているからです。

 

ところで以前に、みずほ銀行で申込をした方がいらっしゃいます。

 

上記のカード商品の申込をしたのですが、どうも窓口を利用していたようですね。そしてその方は、窓口の行員の方が非常に丁寧だと感じていらっしゃったようです。

 

その方は、上記の融資商品を利用するのは全く初めてだったようですね。

 

しかし行員の方が非常に丁寧だったので、好感を覚えたのだそうです。説明も非常に分かりやすかったようですね。特に手数料は、かなり丁寧に説明してくれたようです。

 

つまりそれがみずほ銀行のメリットの1つと言えるでしょう。丁寧に説明してくれている以上、上記の融資商品のクオリティーも高いと考えられますね。