スカイオフィス在籍確認ある?電話連絡されたくないなら 誰にもばれたくない

 

スカイオフィスは以前ニッセイキャッシングとして事業を展開していましたが、現在では福岡などで消費者金融で融資などを中心に行う会社になっています。この以前の会社名はネットの広告でも併用しているものになります。

 

なのでもしかしたら、そっちの方で知っているという人もいるかもしれません。この金融会社のメリットは九州をメインに活動をしているということが大きなメリットとして挙げられます。近年では金融会社も都市に集中してきてしまって、お金を借りたくても地元に融資を頼める会社がないというようなときもありました。

 

このスカイオフィスは九州に在住しているという人の取引にかなり柔軟に対応するほか、県外からの融資を希望するといった人にも柔軟に対応する取引を行っています。こう述べてしまうと、もしかしたら闇金なのではないかというように疑われる人も中にはいるかもしれません。しかし、スカイオフィスでは身元確認、仕事をしている人や学生であればその企業や学校に在籍確認をとることもあります。

 

闇金とはこういった確認を一切取らず、違法で事業を展開しているような会社のことをいいます。この会社は金融庁に届けもあり、さらに日本賃金業協会の会員でもある、正規の金融会社なので安心して依頼することができるでしょう。

 

また、金融会社にお金を借りるとなると一気に多額の借金をするのではないかと思ってしまう人が時折います。確かに正規で経営している会社だからといっても貸したお金を消費者から返してもらわないといけませんから、利子というものはついてきます。

 

しかし、この会社の融資は1万円という少額融資から頼むことができ、最大で50万円を借りることができます。1万円でもお金がない人には大金ですし、50万円なんて借りてもすぐに返せる人というのは限られた人になってくるのではないかと考えられます。

 

そのため在籍確認をしてその人が現在どんなことをしている人なのか、返済能力のある人なのかということを知っておく必要性があるのです。これがきちんと確認できないという人には金融会社もお金を貸すことはできません。この確認はスカイオフィスだけではなく、大手の金融会社も行っていることなのでどこでも同じことだというふうに考えられます。しかし、他の銀行と違う面としては、スカイオフィスがインターネットでの契約をメインに行っているということです。

 

ほかの金融企業だと融資を受けるのには直接その会社に行って取引をしないといけませんでした。そういったことが一切なく、24時間いつでも申し込みができるというのがメリットの一つになってきているといえるのではないでしょうか。さらに在籍確認があるというふうに前述しましたが、大手ほどしっかりとした在籍確認は行いません。というのも、この在籍確認が嫌で融資を受けないというような人も中に入るので、そういった人に対応していくためです。過去に大手の銀行に融資を断られてしまったというような人にも柔軟に対応しています。

 

ほかの金融機関だと、別のところで断られたというような場合、融資を受けるのが厳しくなるというようなこともありますが、この会社は中堅企業ということもあり比較的スムーズに取引が進みます。インターネットで取引するということで、もし不安や疑問点などある場合には、直接会社の方に連絡するといいかもしれません。融資というとかっこよく聞こえるかも知れませんが、借金をするということと同じなので不安や疑問を解消しておくということが今後返済する時にもいいのではないかと考えられます。

 

要するにスカイオフィスに限らず、金融会社では身元確認や在籍確認をするところが多いのです。しかしこの会社では、そういった確認は意外と審査が緩く誰でも融資を頼めるようになっています。もしよかったら、参考にしてみてください。

 

 

スカイオフィスキャッシングの在籍確認はどんな感じ?会社や勤務先にに電話来る?

 

スカイオフィスキャッシングはブラックでも利用できたとする口コミがあるように、大手の消費者金融と比べて柔軟な審査を行ってくれることが特徴です。ただし、在籍確認は必須であり、会社や勤務先に電話がかかってくることを理解しておきましょう。

 

ブラック相手でも融資をすることがありますが、闇金融ではないので違法な取り立ては行いません。そのため、利用者の返済能力がないと貸し倒れが起きてしまうため、勤務先に電話をかけて働いていることを確認します。申し込みフォームには「必須」と書かれていない項目も存在し、勤務先はこちらに含まれるので、在籍確認がないように見えてしまうのですが、空欄にして申し込みを行うと携帯電話など指定した連絡先に問い合わせの電話があり、勤務先の情報を聞かれます。余計な手間になるため、最初から記載しておいた方がスムーズに手続きできるので良いです。

 

在籍確認は担当者の個人名を名乗るので、他の人が出てもキャッシングの申し込みをしていると知られる危険性は低いです。電話も非通知設定になっているため、番号から調べられてしまうこともありません。電話の内容は難しいことを聞かれることはなく本人が出たことを確認するだけであり、他の人が出た場合でも、在籍していることが分かる対応であれば確認できたとされるので、社外で作業をしている人でも安心して利用できます。

 

なお、大手の消費者金融の一部では社員証や保険証、直近の給与明細を提出すれば電話の代用にしてくれるケースもありますが、スカイオフィスではこの対応はしていないです。前述のようにブラックの人でも融資することがある消費者金融であると知られているので、申し込みをする人も過去に金融関連のトラブルを起こした経験のある、信用性に難のある人が多いです。また、社員証や給与明細は法律でフォーマットが規定されているものではないため、申し込みの少ない中小企業の社員が提出したときに偽造されたものか判断するのが困難なので、確実な方法である電話が利用されます。

 

ブラックでも借りられると言っても、積極的に融資してくれるわけではありません。信用できる相手であれば融資することがあるもので、落ちることもあります。申し込みフォームには返済の遅延や債務整理の経験について記載する項目がありますが、少なくとも個人信用情報機関に記録が残っている期間であれば正確に書く必要があります。審査に通るように虚偽の申請をしてもバレてしまい、信用を損なって落ちる原因になるので注意しましょう。

 

スカイオフィスを利用するときには、そのキャッシングの仕組みについて理解しておいた方が良いです。保証人や担保が不要なのは他の金融機関と同じです。消費者金融なので、総量規制の対象になるため、他の貸金業者と合わせて年収の3分の1までしか借りられない法律上の制限があります。一般的に行われている極度額借入契約にはなっていないことが大きな特徴であり、注意点です。これは限度額に空きがあれば自由に追加の借り入れができる契約を指すものですが、スカイオフィスは借りた後は返済するだけになります。もし追加が必要になった場合には、コールセンターに連絡して相談してみましょう。

 

借りられる金額は1万〜50万円、金利は15〜20%になっており、高金利と言われていることがありますが、実際には他の消費者金融と同程度です。上限を見ると高く見えますが、これが適用されるのは借り入れが10万円未満の場合であり、すぐに返済もできるので影響は小さいです。10万円以上であれば18%以下になるので大手と同等になります。これは法律で定められているからであり、闇金融ではないので違法な適用がされる心配はないです。ただし、銀行と比べた場合には高くなっています。

 

スカイオフィスにはこのような特徴があるため、信用に問題がない人が契約する場合には利便性が低いです。在籍確認の電話を避けたい場合にも対応はしてもらえないので、大手と契約できる人が優先して申し込みをする必要性はほとんどありません。

 

ブラックになっており、他社を利用できずに困っているときに検討してみると良いでしょう。ブラックの人が借りるときは、遅延を起こしていたのであれば、それを解決していることが条件です。今も遅延していると支払えると信用してもらうことはできないので審査に落ちます。

 

口コミの中には債務整理を得意にしている弁護士を紹介された、というケースもありますが、これは無視して構いません。紹介料を受け取る手法であり、違法性はありませんが、こちらにメリットはないです。

 

この場合は他のブラックでも対応している消費者金融の審査に通らないか試し、どこも利用できなかったときに債務整理を検討してみると良いです。また、そもそもどうやっても対応できる見込みがない状態であればスカイオフィスでなくても借りるのは難しいので、最初から債務整理しても良いでしょう。

 

トップへ戻る